Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ダ・ヴィンチ

ダビンチV1.0A のエクストルーダー交換

JUGEMテーマ:3Dprinter

 

 ダビンチV1.0A(1.0をPLA対応に変更したタイプ) のエクストルーダー交換です。

エクストルーダーがいよいよ調子悪くなってきました。時々、樹脂が詰まります。(たまに温度が下がっているようです)

たぶん、ヒーター、サーミスタが調子悪いようです。交換部品をネットで購入して交換します。

 

 

箱を開けてみると

 

説明書は英語ですね・・ワイヤーも交換の必要があるようだ

 

 

古い部品を交換部品と並べてみると、コネクタが変わってます。特に制御線は6ピンから7ピンになってます。

これは、ワイヤーも変えないと・・

 

T10の特殊工具、ニッパー(結束バンド切断用)、ラジオペンチ、園芸ヒモ(いつもながら、これでコード固定します)

を準備して、交換準備

 

 

背面のパネルを開くには、まず、電源を切り、天板を開けて、横の透明側面カバーの端を手で、

留め具部分を押しながら外していきます。

透明側面カバーはわりと大きいので、ジワーっと外していきますよ。破損のないようにゆっくり行ってください。

その後、透明電源カバーも外してから、制御パネルのボルト(T10X2本)を外します。

 

とりあえず、新しい制御線を通して、コネクタを差し替えた図が上の図です。

これで、動作確認(ロードフィラメント)をすると、OKだったので、電源を再度止めて、エクストルーダの線を外した後。

 

内部の配線の結束バンド複数をニッパーで既存線を傷つけないように、ぱちぱちと切っていきます。その後クリアコード

を外して(2か所、コネクタ取り出しが、ややこしいとこは、マジックでシルシを付けておきます)線を入れ替えます。

で、再度、クリアコードを巻き付け、園芸ヒモで、コードをまとめて固定して配線完了です。

 

エクストルーダーのヒーター線は、見てみると、同じですし、前の線は、ちゃんとヒートシールドもついているので

そのままにしています(白い2本線です)新しい線は、ヒートシールドがついていない・・ま、予備品としてとっておきます。

 

分かりにくいけれど、園芸ヒモでコードをまとめた図、この下のコードも、園芸ヒモで、まとめました。

 

 

エクストルーダ、園芸ヒモで、コードを止めてます。ゆるく遊びをもって止めますが、脱落しない様に配慮ください。

 

キャリブレーション(自作の目視モデル利用、データは、前述ブログ参照)を行い、

簡単な、テストデータ(自作のBOXデータを印刷、データは、前述ブログ参照)を出力するとOKでした。

 

これで、しばし様子を見てみましょう。

 

ではまたーー。(^^)/~~~

  • 2020.03.04 Wednesday
  • 20:58

Comment
Send Comment