Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

reprap

来年の干支 子のキャラプレート 作成

JUGEMテーマ:3Dprinter

 

 来年の干支 子のキャラプレート 作成です。

 

うーーむ。ま、これくらいで良しとしましょう。

 

そーそ、アリスバンドのユーチューブ再生回数トータルが70万回をついに超えました。

ありがたいことに、けっこう、聴いていてくれてます。今後も曲の動画、ぼつぼつとUPしたいと思います。

現在、聴ける曲は550曲程度となり、結構あります。

また、ユーチューブの著作権メッセージで配信停止した曲は200曲程度となりました。配信停止曲は、一部、ニコニコにて

聴くことができます。ニコニコは、登録MAX50動画なので、登録の古い曲は、どんどん消しています。消えてしまった

曲、お元気でーー。。

 

チャンネル登録数は、500近くになりました。もし1000を超すとライブをしようって、かなり前に言っていたのが

近くなるようで、なんとも・・←ビジュアル的にダメです・・

 

ヤフーのショップ、立ち上げ、ちょこちょこと、小物、販売してます。たまに売れてます。

興味のある方はブログ右サイドバーの SG アイコンを押してみるとショップに入ります。

マウスが近くなると、消えて逃げるボタン設定です。

商品は、数が少ないので、売り切れ注意です。ワンコインで送料込みで、買える小物もあります。

 

ではまたーー。(^^)/~~~

  • 2019.10.21 Monday
  • 22:03

reprap

来年の干支 戌のプレート作成

JUGEMテーマ:3Dprinter

 

 来年の干支は、戌ですね。3Dプリンター用のプレートデータを作成してみました。

 

 むむ・それなりにカワイイと思いますが、ちょっとびみょー。

はがきに貼り付けて郵送可能ですが、これってもらったら絶対にジャマダネ。

 

そーそ、メンバーさん宅にお邪魔した時に、なにげにテレビを見ると、そのままユーチューブが・・

最近は、テレビもネットに繋がっている時代ですね。余興的に、検索で、アリスバンドの曲を探して、

そのまま見ていると、ちゃんと見れるのが不思議な感じ。。自家用車での音楽は、良く聴きますが、

テレビで聴いたり、見たりできるとすこし身近になった感じがしましたよ。

 

ではまたーー。(^^)/~~~

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 23:15

reprap

エクストルーダー のヘッドを変えてみました

JUGEMテーマ:3Dprinter

エクストルーダーのヘッドを、ノズル径を変更できるねじ付きのものに変えてみました。
通常は、PRUSAにつけるものではないのですが、ボルト留めのねじ径で、タップを取付部品に
きってみると、ちゃんと付きます。



ボルトを取り付け部品につけた写真です。
元のヘッドも一緒に写してみました。

先端は、真鍮製でねじ式になってますね。

そーそ、ヘッドの内部の古い樹脂のクリーニングは、バーナーで燃やすのが一番いい感じです。
私は、小さなガラス容器(プリンの入っていたもののリサイクル)内に、ヘッドの入れて
ガスバーナーで焼きます。数分で内部の樹脂は灰になります。

灰になった後、冷えてから、指定径のドリルを手であてて、残っている灰を取り除きます。
その後、耐熱シリコンスプレーを吹き付けて掃除終了。

ちゃんと、ヒーター、サーミスタを取り付けて、完成です。
 
  • 2014.04.06 Sunday
  • 00:06

reprap

制御基板 melzi v2.0で廉価盤ステッピングモーターを動かしてみる

JUGEMテーマ:3Dprinter

melzi v2.0のコントロール基盤の予備があるので、廉価版のパルスモータを動かしてみます。

準備するもの

melzi基盤 1枚
PC接続USBコード 1本
電源 DC12V 1台
ステッピングモーター 1個 SM-42BYG011 秋月電子
サーミスタダミー用抵抗 4KΩ 2本

静止トルク 0.23nで少しパワーが少ないがつないでみます。現状は、0.55nのモーターでした。



サーミスタの端子に、ダミーの抵抗を直結し、
モーター配線は、秋月HPの説明より、赤、緑、黄、青で行う。
PCより制御ソフトを起動し、配線したX軸を動かすとあっさり動きます。
モータードライバの電流調整のボリュームを、モーターの音を聞きながら静穏になるポジションに調節。
ボリューム調整をしないと、モーターが異常発熱しますので注意。

銅鐸 赤を横に置いてみました。
うーーん、古代の遺物と現在のハイテク。
なにかいい感じ。おてんき

 
  • 2014.01.26 Sunday
  • 16:43

reprap

銅鐸と、銅剣のミニチュア造形

JUGEMテーマ:3Dprinter

銅鐸と、銅剣のデータをOpenscadで作ってみました。

銅鐸の、頭の取っ手は、ちょっと薄すぎたかも、造形すると、上手くサポートからはずさないと、
とれてしまう。




造形写真 一応M3の穴は開けたが・・
  • 2014.01.04 Saturday
  • 21:22

reprap

銅鏡、勾玉に色をつけてみると

JUGEMテーマ:3Dprinter

造形した銅鏡と、勾玉に色を付けてみると、なかなか雰囲気がおもしろい。



アクセサリー的な使い方もいいかも。楽しい

とりあえず、色付けする前に、電動ルーターとやすりで磨いてみました。
さらにきれいな仕上がりを目指すには、やはり、パテ埋めして磨いてから、
塗装したほうがいいようだ。
  • 2014.01.02 Thursday
  • 15:21

reprap

フィギュアの作成、縦か横かそれが・・

JUGEMテーマ:3Dprinter

フィギュアの作成を行うとき、縦で作るか、横にして造るか、迷わないですか?

縦で造形、この3Dプリンターは、高さ最大100mm程度



横で造形中、自作プレートで造形エリアは、100mm X 60mm程度


自作ホットプレートの効果で、冬で寒い部屋でも、冷却ファンをOFF設定にすれば、
5分程度待つと、ABSでも造形できるので、ちとありがたい。

ただし、しばらく、使ってなかったので、ゴミが上に乗っていたようで、
最初は、ホットプレートにABSがつかない。
温度測定すると、100度前後。。
もしやと思い、パーツ洗浄用スプレーをドバーーっとかけて、
造形するとOKでした。

出来上がりの、フィギュアを比べると、横のほうが、サポートから取り出しやすい
感じです。横造形もそれなりにいいこともあるようです。
ある程度の使い分けを考える必要もあるかも。

 
  • 2013.12.30 Monday
  • 22:58

reprap

ノズルヘッドの自作が・・

JUGEMテーマ:3Dprinter

外部電源方式のノズルヘッドを自作してみようと、作成にトライしたものの、
ヘッドを温めるヒーターでいいものが無い。残念だが、しばし休止かな。

当初検討していたのは、D0.18mmのニクロム線を2.5m長さ分巻きつけようと思っていたが、
絶縁しながら、コンパクトに巻けなかった。。。

予定していたヒーターは、
ヒーター仕様
外部電源 AC100V
D3mmのパイプ周りに、高さ10MM程度で収まる。
到達温度 230度〜240度程度
100V2Aヒューズ付き
電源コード SQ0.3程度

ノズル仕様
ノズル径は0.5MM
フィラメント1.75MM
重さ 約10g

試作ノズルヘッド写真
  • 2013.12.18 Wednesday
  • 20:54

reprap

slic3rのパラメータ

JUGEMテーマ:3Dprinter

STLデータをスライスして、プリントできるデータにするソフトのslic3r いろいろと指定する項目が多いので、
とりあえず、フィラメントは1.75mmでサポートは無しで、速度を落とした安全造形のパラメータを
UPしてみました。

断面厚みは0.4mm 最初の層は 0.4mm x 75% = 0.3mm



塗りつぶしの密度は0.4


描画速度は10mm毎秒基準


スカートを1回書いて、ノズルの樹脂の出方を確認



ABS樹脂をたっぷりと出してます。
  • 2013.12.10 Tuesday
  • 00:09

reprap

ホットプレート耐熱テープ張替

JUGEMテーマ:3Dprinter

久しぶりに、ホットプレートの耐熱テープをはりかえた。

いつもながら、貼るのに苦心する。
個人的には、ホットプレートは、自作なんで、150mm x 150mmのアルミ板です。

少し上手く貼る為の心得は、お皿に、水を少々、ウェス(繊維のバラけない感じの紙)に水を少し含ませて、
垂れないように絞って、古い耐熱テープをはがし掃除したホットプレートに水を薄く塗る。

そのあとで、やや大きめに切った耐熱テープを、ホットプレートに端から貼り、しわにならないように
伸ばしてから、プラスチックスクレーパーを使って、押さえつけて行きます。

全面、貼った後、水気をウェスでからぶきして、通電し、ホットプレートを温める、内部に入っている水気が、
水蒸気となって膨らんでくるので、カッターの刃先、もしくは針を使って少し穴をあけて外に出します。

全体的に水抜きが終わったら一度、電気を切り、冷えてから、しっかりとプラスチックスクレーパーで、
再度押さえつけます。これで、貼り替え終了。

造形して、新しい耐熱テープは、ABS樹脂が、最初上手く貼りつかない場合は、#180番程度の
サンドペーパーで耐熱テープ表面を荒らして、くっつきやすくするといった手段もあります。

張り付きをよくするため、有機溶剤、瞬間接着剤、シリコンボンド等を使う手法もあります。個人的には、
水と、サンドペーパーで、済ませたいと思います。

ABS樹脂が、ホットプレートに上手く付かない原因は、温度、平面度、Zテーブルの高さという
要因もあります、造形前には、ちゃんと、調べておきましょう。

それと、ノズルヘッドのABS樹脂の張り付きによる汚れは、掃除の後、耐熱シリコン潤滑スプレーを
しておくとABSの張り付きが少しましになる感じです。
  • 2013.12.08 Sunday
  • 00:36